ホームヘルパーの資格

オリジナル見出し01

ホームヘルパーとはいわゆる訪問介護員のことです。

生活支援の身元保証代行情報はすぐに役立ちます。

サービスを利用している人の自宅を訪問し、食事や排せつ、入浴などを介助することを通して、利用者の生活を支えるサービスを行う仕事をする人のことです。

就労継続支援の食事の最新情報を見つけよう。

従来、ホームヘルパー2級という資格がありましたが、平成25年4月よりシステムが変わり、介護職員初任者研修を修了した人がホームヘルパーとして働くことができるようになっています。



介護職員初任者研修は、厚生労働省が指針を示し、各都道府県の視点を受けた事業者が実施しています。


研修内容は、介護知識のみならず、福祉サービスや老化、認知症、障がいなどを理解する講習内容となっています。



それに加えて介護に必要な技術を習得する演習が行われます。

スクーリングの時間が設けられているため、通信のみでは習得ができません。



研修後には筆記試験による修了評価が実施されます。



受講時間は130時間で、約1~4か月ほどかかります。



受講料は10~15万円が一般的ですが、教育訓練給付制度が使用できるスクールもあります。
受給条件はありますが、ハローワークに申請することで受講料が一部雇用保険から返金される制度です。

現在、超高齢化社会といわれ、介護や福祉業界の需要が高まっており、多くの人材が求められています。専門の知識を保有していることは仕事上役立つだけでなく、自信にもつながります。



介護職員初任者研修を修了し、実務経験を積むことで、国家資格である介護福祉士へのステップアップにもつながります。

関連リンク

  • タイトル21

    昔はヘルパーの名称で親しまれていた資格は、現在では介護職員初任者研修と言う名称に変更しています。ヘルパーは、主には訪問介護の現場で活躍することを前提として誕生した資格です。...

  • タイトル22

    何か役立つ資格を身につけたいと思う人におすすめなのは、ヘルパーの資格です。ヘルパーの資格を持っているなら、将来自分の親や配偶者の介護が必要になった時でも、介護の方法や高齢者の心理さらには身体状況を勉強していますからあわてずに上手に介護をすることが出来ます。...